とくにテーマなし ライフハック

【トリガー】頭痛があまりに連日続くので頭痛日記を付けてみた結果【発見】

投稿日:

どうモメンです。

ブログ執筆ペースが落ち込みましたがまだ色んな意味で諦めてはおりません。

しかし最近悩まされている体の不調があるのです。

それは「頭痛」です。ほとんど毎日痛くなります。さらに困ったことに、胃が荒れて頭痛薬を気軽に飲めなくなったのです。

ここらで真剣に頭痛と向き合う生活をした方が良いと思うようになり、自分なりに色々と調べました。

 

まず頭痛のトリガーを探すところから取り掛かりました。IFTTTで、アプリやサービスを利用した「トリガー」と「アクション」のレシピを沢山作ってきた経験から、自分の体も同じようにできないかと思っていたところなのです。

人間というのは、物質的(フィジカル)な存在と、精神(スピリット)の二つで構成されていて内側と外側でお互いに影響しあって存在しているものなので、ある程度フィジカルをコントロールすることで、スピリットを思いのままに操ることができると考えてます。

だからこそgoogle homeやスマホで健康管理というのも非常に理にかなっていると思うのですよ。

そういうわけで、頭痛日記をつけ始めました。

日記といっても、思い当たる頭痛トリガー項目を全て並べて、当てはまった日に〇を付けるだけの簡単な表のようなものです。

製造業で働いていると、「記入漏れが起こりにくい記入用紙の作り方」のノウハウを徹底的に教えられます。

簡単にいうと、【レ点】や【〇印】をつけていけば完結する用紙というやつですね。これは網羅性を確保するのには非常に有効です。こういう工夫をすればマメな人じゃなくても継続記録を付けることができます。

私があらかじめ作った項目は次の通りになりました。頭痛の要因になってそうな個人的な要因をあらかじめ絞り込んだ上で項目を設定しています。

 

・前日飲んだ睡眠導入剤の量 多い・少ない

・睡眠 良い・悪い

・光のキツさ 強い・弱い

・天気と気温 快適・不快

・カフェイン取った量 多い・少ない

・頭痛時間 朝・昼・夜

・頭痛度 1・2・3

・その他メモ

 

記録を付け始めてまだ半月ぐらいですが、発見がありました。

私の場合は、前日飲んだ睡眠導入剤の量が、翌日の頭痛の起こりやすさと関係しているようです。

睡眠導入剤を飲んだ翌日のけだるさが、光の刺激や、気温・天候の不快感を強くさせて、それが頭痛につながるという感じです。

夜なかなか寝付けないので導入剤を飲むようになって長いこと経ちますが、なかなか断薬がうまくいってないのが実情です。

しかし飲む量を半分にした日の翌日などは非常に頭もすっきりしていて体調が良いのは事実でした。

頭痛の原因が睡眠薬なのか、不眠なのかは分かりませんがそこは卵が先かニワトリが先かという疑問と近いかもしれません。

とにかく私の場合は、眠りの問題を解決することが、頭痛を治す近道となりそうです。

薬を飲んででもぐっすり寝た方が良いのか、寝れなくても薬を減らすことに重点を置くべきなのかは、自分の中ではまだ結論が出ていませんが・・・

 

ウィジェット用




ウィジェット用




-とくにテーマなし, ライフハック
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

11月12月に疲れやすい人は季節性の不調。ストレスを感じずに乗り切るには工夫必要。

どうモメンです。 私は子供の頃から11月から12月にかけて非常に疲れやすい体質で、体調を崩さないように非常に神経を使います。 とくに12月は冷え込みが一段と厳しくなることで何もしていなくても体力を奪わ …

サカタのタネの株主優待が到着しました。

どうモメンです。 サカタのタネの株主優待が到着しました。今回も、クロス取引という方法でお得にゲットしました。   申し込みをしてから、届くまでわりと早かったと思います。2週間ぐらいでしょうか …

大晦日abemaTVの朝青龍対琴光喜は最高に面白かった

当初、ブログで相撲の記事を載せるのに前向きではありませんでした。しかし、少し書き始めると、止めることができません。 アイキャッチの画像は、某キャラクターを参考に、ペイントで手書きで作成してみました。製 …

【今年が最後】シャンシャンもう3歳!?東京オリンピックでも忘れないで【日本での誕生日】

どうモメンです。 上野動物園のシャンシャン、3歳。   そして2020年、オリンピックです。日本中がお祭り騒ぎになり、世界が一変してしまうかもしれません。その時、シャンシャンのことを忘れない …

経理職がテレワーク導入について真剣に考えてみた。実をいうと今すぐにやりたい。

どうモメンです。今回は、経理職としての立場から、テレワークについて考察いたします。 もちろんテレワークは大賛成です。会社でも早く導入してほしいのですが、色々とIT環境が時代から大幅に遅れている中小メー …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。