経理あれこれ

【経理ぼやき】台風で数日仕事ができなくても、経理は損失を生まない【埋没コスト】

投稿日:

どうモメンです。

経理という仕事は一体会社にどれだけの付加価値を生んでいるのでしょう・・・

先日そのことを、考えさせられる機会がありました。

台風の直撃です。今年の台風は本当に半端ないレベルでした。

それもちょうど月度の決算が忙しい時期に、重なってしまったのです。その日は休業となりましたが、翌日も、出勤すると会社の「窓が全開になっている」様子が遠目に見えた時、会社が停電していることが分かりました。

結局その日も仕事はできず、ただでさえ時間勝負の決算作業を、丸二日ほどロスしてしまいました。

それなのに、何事もなかったかのように、通常月と同じ5営業日目には、全くいつもどおりに決算が確定したのです。

あの二日のロスを埋めるために、その後の巻き返しにかなりエネルギーを注いだのかと思いきや、そうでもなく・・・

あとから分かったのですが、経理にとって「決算は時間との闘い」だと思っていましたが、実は全然そんなことはなかったということでした。

 

さらにいうと、台風によって経理が決算をできなかったとしても、それは会社としてやや問題ではありますが、それによって会社に損失が発生するわけではないのです。経理にとって決算ができない、というのは異常事態ではありますが、それ自体が損失に直結することがないと分かると、何やら気持ちはずいぶん楽になります。

逆にいうと経理それ自体は、会社が業績が良くても悪くても、またどんな災害に見舞われても、利益も損失も生まない埋没原価そのものです。

仮に高度プロフェッショナル制度が、こんな末端の企業の経理職に適用されてしまったとして、「給料は今の半分にするけど、本当に業務に必要な時だけ会社に来てくれたらいいから」なんて提案をされたら、本当に毎月5日間ぐらいしか出勤しないかもしれません・・・でも実際そんなことをやれば「あんな5日しか働かない人に給料の半分も出るのはおかしい!」みたいに言われちゃうんでしょうね・・・

ひるがえって台風でも休むことができなかったのは工場と営業でした。台風の時でも工場は稼働し続け、物流機能が停止してしまったにもかかわらず、営業はみずから社用車に製品を積み込んで得意先にモノを納品しに行こうとしていました。(誰も行けとは言っていないのに・・・どこまで社畜なんだ)

最終的にはそれには会社がストップを出したのですが、彼らの本当に熱心な働きっぷりを見ていると、頭が上がりません・・・が、経理として口が裂けても本音はバラすわけにはいきません・・・。

 

 

ウィジェット用




ウィジェット用




-経理あれこれ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

慈悲の女神が多い会計一般原則

重要性の原則は、経理にとっては伝家の宝刀かつ慈悲の女神だと思っていました。間違っても忖度などと言い換えてはいけません。 簿記を勉強していた時に会計原則における一般原則は7つの項目についてとにかく丸暗記 …

経理と金銭感覚・・・節約は自分のために

経理やると節約意識が身につきそうな気がする? とくにはそうは思いません。元がドケチの私でも、会社のお金は所詮会社のお金であって自分のお金じゃないと割り切ってしまうので あまり細かいことにこだわるのは時 …

会計ソフトに過度な期待をするのはやめて!理由はいろいろあるけど

本日は経理にとっては一番身近な存在である会計ソフトについてお話しします   会計ソフトも日々進化が著しいもので 古いパッケージソフトをずっと使っている方にとっては最近の会計ソフトはどんな風に …

no image

でんさいネットで支払った時にありがちなトラブル「入金確認できないんですけどー」という電話

でんさいネット導入されて間もない頃に、図書館で「電子記録債権法」に関する本を見つけて勉強してました。 当時、監査に来られた会計士がでんさいネットのことをあまり知らなかったらしく得意げにあれこれ説明しま …

【デキストリンで】監査法人の会計士は食事のスピードが異常だった【食後の眠気を防げる?】

どうモメンです。 経理職をしております。 私は今でこそ人並のスピードでお昼ごはんを食べられるようになりましたが、新社会人になった最初の頃は、周りのスピードについていくのが本当に大変で、結構残してしまっ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。