未分類

寂しい!それでもシャンシャンの中国返還の時は来てしまう・・・お別れはいつ?

投稿日:2018年11月2日 更新日:

11月13日から、シャンシャンがシンシンから子離れして独り立ちに向けての準備に入ることが発表されました。

私はこのニュースは、シンシンの二人目の子パンダを見据えた上での動きかと思っていました。

しかしこのタイミングでシンシンとシャンシャンを引き離しても、シンシンに次の発情期がこの秋から冬に訪れるかどうかは全く分かりません。海外の動物園の事例を見てみますと、シャンシャンが2019年度中に中国に帰ってしまう可能性は高いと見ています・・・今回の動きはそれを見据えてのことなのかもしれません。

追記

小池都知事の1月8日の記者会見でシャンシャンの日本滞在を延長してもらえるよう中国側と協議を行う意図があることが発表されました。
なぜこのタイミングだったのか気になりますがシンシンの次の繁殖が来年度以降になってしまう可能性が出てきたということなのでしょうか?
少しほっとする感じもしますが、パンダの未来のことを考えると、シャンシャンが日本に長くいるべきかどうかは、一言では結論付けるのは難しい面もあるかと思います。

 

パンダは基本的に子育てをしている間はホルモンの働きが抑制されるため、発情することができません。飼育化にあるパンダであっても一年に5日程度しか発情しないパンダに与えられた繁殖の機会はそう多くはないわけです。

民間の動物園であるアドベンチャーワールドでは赤ちゃんパンダの存在が事業運営上きわめて重要な存在になっているためパンダに関する経済計算がかなり厳密に行われていると考えられますが良浜はだいたい2年に1回のペースで繁殖を繰り返しています。そのために結浜はわずか1歳で親離れさせられていました。1歳のパンダはまだまだ甘えん坊盛りなのでかわいそうですが、それでも1歳まで母親と過ごした記憶はギリギリ残るでしょう。

中国のパンダ施設のドキュメンタリ番組で見ましたが、パンダの頭数を増やすために繁殖に力を入れてきたパンダ施設でも子パンダはやはり母親パンダに育てられた記憶がないと、赤ちゃんの時から人口飼育で育てるとパンダも情緒不安定に育ってにしまったり生命力の弱い個体になってしまうことが、長年の研究から明らかになってきたようです。

通常、動物というのは本能でスイッチが入れられたように子育てをするのですが霊長類などの知能が高い動物ほど、経験と学習によって子育てをします。パンダも知能が高い動物ということが知られておりとりわけ子育てに関しては謎が多いようなのですが、中でも未熟児で生まれてくるパンダは「産む」ことにより「育てる」ことが種の繁栄のために重要な要素となるわけです。

つまり優秀な個体として選抜されてきたパンダのつがいのシンシンとリーリーの子供であり愛情たっぷり育てられたシャンシャンは種の繁栄のため高いポテンシャルを秘めた個体となる可能性が高く、和歌山アドベンチャーワールドで生まれたパンダについても言えることですが、中国に帰っても大きく期待される役割を持っています。

その時が来ると本当に寂しい気持ちになると思うのですが、どんどんその時が近づいてきてるんだなと感じる今日この頃です。

 

 

ウィジェット用




ウィジェット用




-未分類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サイゼリヤから株主優待が到着しました【サイゼリアじゃないよ】

どうもサイゼリヤ大好きモメンです。たまに行って500円に満たないの昼食代を払って満足して帰ってきます。 ドケチだから好きなのではありません・・・サイゼリヤで遅めのお昼をだらだら食べながら、本を読むのが …

office365は個人でビッグデータ解析して投資の優位性を手に入れられる?

自宅のパソコンで、office2007がサポート終了してしまったことにともない、office365に買えました。 office365は、外部ストレージが1TB使えるのが魅力的です。さらにエクセルで使え …

経理をやりながら投資にまつわる記事まとめ

どうモメンです。当ブログのメインテーマである投資についての記事もいくつか貯まってきましたのでまとめ記事を作成しました。 将来的には早期リタイアを夢見ておりますので、投資に対する真剣度はそこそこ高いもの …

【株式投資とAKB】いまさら、秋元康って何者なの?彼はおそらく砂上の楼閣作りの天才

AKBって相撲と似てますね。何といっても総選挙というシステムが。番付制度そのものです。 ですが人と競争させられるのを好まない今の若い子にはあの選挙システムはどこかでガタが来て破綻すると思ってました。 …

シャンシャンもう2歳!?親離れの次は、幼年期の終わり、そして旅立ちの日に【迫る中国への帰国】

どうモメンです。 シャンシャンの親離れ、独り立ちという大きな節目さえも、すでに終わってしまいました。あのシャンシャンとシンシン母子のいつも仲睦まじい様子を見ていると、引き離すのはとても酷な感じですがシ …

レスポンシブ広告




自己紹介アイコン

このサイトについて

Author : モメン

経理担当。趣味、投資や節約、ガジェットいじり、大相撲。

画像はヒゲペンギンの赤ちゃん

最新の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。