経理あれこれ

でんさいネットを使って分かった「記録データ」の本当の利便性

投稿日:

どうモメンです。

経理のブログなので、経理にまつわる実務の中でまだ、情報が比較的少ないと思われる「でんさいネット」についてこのブログでは積極的に紹介していきたいと思います。本当の生の声です。

 

でんさいネットは、2013年2月にスタートした比較的新しい決済手段であり、今では多くの会社で約束手形からの移行がどんどん進んでいます。

 

よく、でんさいネットの「メリット」については、印紙がいらない、紛失盗難リスクがない、などが言われてます。

 

今回はそれより一歩踏み込んだ経理実務上のメリットについて説明したいと思います。

 

経理として、でんさいネットでとても便利だと思うのは、「CSV」の形で記録データがダウンロードできることです。

ダウンロードデータは、「支払先口座、金額、発生年月日、期日」の情報が全て乗っています。

正確には、取引銀行側がネットバンクサービスの中で、でんさいネットの管理機能としてそうしたデータダウンロードの生成機能を提供してくれている、ということだと思います。

ちなみに、書類でデータを出力した時は、「全銀電子債権ネットワーク株式会社」の文字が右上に印字されたものが出力できました。

 

ですが、データとして価値があるのはやはりCSVの「生データ」です。経理なら、つい「証憑だから書類じゃなきゃ!」と思ってしまいますが、でんさいネットは記録番号そのものが、全てのでんさいデータが、全ての金融機関の中で「固有」のデータになりますので、ただの数字の羅列だけの記録番号も、「データで保有」することには大きな意味があります。

まぁ、ここそこらへんがでんさいネットがビットコインと似てる部分がありますね。

でんさいネットもブロックチェーン化させるという話があるそうです。

 

つまり、こういうことです。「生のデータをCSVでダウンロードできる」からこそ、そのダウンロードしたCSVをちょっとだけ加工すれば、会計ソフトに、データの流し込みができるということです!

 

会計上では、でんさいネットは、手形に準じた扱いをして大丈夫というルールがあるので(電子債権という勘定科目を新設して手形と区別して処理することも可能です)、でんさいネットに関する仕訳の処理としては、「振出(発生)」や「決済」の処理を、何等かの方法で会計ソフトに入力する必要があります。

 

でんさいネットのデータは、CSVで構成されているので、ダウンロードしたデータを、会計ソフトの取り込み用フォーマットに移植できるようにやや加工することで、「手入力」一切なしで、「振出(発生)」や「決済」の仕訳を起票させることができます。

 

経理にとっては手入力作業がなくなることは、「画期的」であり「脅威」ではありますよね。ミスがなくなって、気持ちいいほどきっちり金額が合います。業務時間が大幅に削減できます。

ただ、このような「会計ソフトへのデータの流し込み」はやや上級者でないとできないかもしれません。

私は個人的にデータ処理については得意な方なので、このやり方を自分で開発して(?)やっているわけですが、このような画期的な方法をどんどん取り入れることで、仕事中にコーヒーを飲みながら画面を眺めてほっこりくつろげる時間が増えたことに、非常に満足しています。(その空いた時間で他のことをやれというツッコミは無しでお願いします)

 

このようにして経理の仕事はだんだんラクになっていかなければならない時代なのです。しかし、決してそれを周りに悟られてはいけません!

 

これが紙の手形であれば、紙というのはアナログなので、紙に書いてある「手形番号」などの情報は、どの段階かでは必ず人間が目視で読み取って、手形帳であったり、会計ソフトの登録画面に必ず「入力」する必要がありますよね。スキャナやカメラ、OCRを駆使して自動入力という方法もなくはないですが、最後は人間の目で確認するはずです。

 

しかしでんさいネットのデータは「データ=でんさいネットそのもの」なので、このような手入力作業は極限まで省略できるんです。

銀行の管理画面にログインすれば過去のでんさいデータや現在のデータが常に参照できるため、台帳に記録を付けたり、記録を作成する必要はありません。銀行の画面から発行できる「記録一覧」を月末にプリントアウトして、ファイリングしておけばそれだけで大丈夫です。

会計士の方が監査に来られた時も、これで対応しました。ただ、内部統制が厳しい大企業の場合では、この紙では不十分で、全銀電子債権ネットワークが直接発行する「残高証明書」を求められる可能性があります。

 

 

ウィジェット用




ウィジェット用




-経理あれこれ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

経理職がテレワーク導入について真剣に考えてみた。実をいうと今すぐにやりたい。

どうモメンです。今回は、経理職としての立場から、テレワークについて考察いたします。 もちろんテレワークは大賛成です。会社でも早く導入してほしいのですが、色々とIT環境が時代から大幅に遅れている中小メー …

FAXは経理では通信インフラとして主役級の活躍。請求書専用FAXが欲しい!

よく日本でガラパゴス化している現象として、二つ折り携帯電話(ガラケー)が有名でしたが、FAXもそうだと聞いて驚いた記憶があります。 海外でFAXは通信インフラとしてかなりレトロな感じになってしまってい …

監査法人の会計士に学ぶ、三種の神器は「体力、英語力、ITスキル」。会計士はドS?

中小企業で経理をしているわたくしモメンですが、そこまで年輪濃く刻まれていない仕事経験の中でも、リアルに大手の監査法人から監査を受ける機会に幸運にも3度ほど恵まれました。   その中で感じた大 …

【森友改ざん】もしも涼宮ハルヒが財務省にいたら【書き換え楽勝】

どうモメンです。 もしも涼宮ハルヒが外務省に降臨したら・・・というタイトルですが、今の財務省的には本命としては、欲しい戦力は長門有希の方だったと思いますね。とはいえ、長門有希に力を借りるにはどうしても …

テレワークは営業部から導入する会社が多い?経理にはハードル高い?

どうモメンです。 テレワークについて以前も記事にしたことがありますが、リアルな話を耳にすると、「あぁ、羨ましいな」としか思いません。 単にテレワークそのものに憧れるというより、そのような働き方を受け容 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。