とくにテーマなし 投資あれこれ 株式あれこれ

ヤマザキの「ノアール」がオレオに似すぎていて大丈夫なのか気になる

投稿日:2018年3月29日 更新日:

どうモメンです。

本日はヤマザキの「ノアール」について。

ナビスコがもともと日本の会社じゃないことを知っていた人は、あの話題があるまでは、わりと少数派だったような気がします。私は知ってたんですが。あとカップスープのクノールなんかも、日本のブランドではないと聞いたら驚く人いると思います。

 

中国産になってからオレオは別物になってしまって、ここまで味が変わってしまうものなのかと思いました。

しかし、ヤマザキのノアールという商品が登場して、買ってみたところ、かつてのオレオと味がそっくりだったんですよ。

以前のヤマザキナビスコのオレオとここが違う、食感が違う、味が違う、と繊細な味の違いが分かる人には分かるみたいなんですが、私にはほとんど同じに感じました(中国産のは明らかに味が違うのは分かりましたが)

 

あまりにも似すぎているんですが、この「似すぎている」点は、オレオの販売ライセンスを持っているモンデリーズ社的にOKなのか?ちょっと疑問なんですよね。

 

というのも、「オレオ風ビスケット」自体が、ありそうなのに今まであまり見かけなかった気がするんです。あったとしても、ダイソーなどで売られている怪しいマイナーな国で生産された「パチもん」製品ぐらいです。オレオの規模の人気商品で独占的かつ排他的な販売ライセンスを持っている世界的企業が、オレオの類似品を野放しにするとは思えません。

 

ヤマザキのオレオがなくなって、味が劣化した別物オレオが売り出され、しばらくたってから、よく分からないタイミングで「ヤマザキ」によるオレオそっくりなココアビスケット「ノアール」の投入です。

かつて「ヤマザキナビスコのオレオ」が好きで買っていた消費者は、みんな新オレオを買わずにノアールを買うでしょう。

 

ナビスコブランドのライセンスを持っているモンデリーズ(食品・飲料で世界3位の超多国籍企業)が、「タダで」そのような状況を黙認しているとは思えないんですよ。

 

 

私モメンの予想としては、ヤマザキはモンデリーズに対して、何らかの「ロイヤルティ」や「コミッション」のようなものを、支払っている気がしますね。逆にいうと、モンデリーズはそれら報酬を受け取っているから、ヤマザキの「ノアール」販売を黙認している、と。そう考えると色々と合点がいくんです。

まぁ、真相がどうなのかは分かりません。

ウィジェット用




ウィジェット用




-とくにテーマなし, 投資あれこれ, 株式あれこれ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽天のキャラクタービジネスは意外に成功した【お買いものパンダ】

楽天とソフトバンク、三木谷と孫正義の関係ですが、いずれも楽天が先行してソフトバンクが二番煎じで旨味を掻っ攫うというイメージがあります。   楽天とソフトバンク、誰でも知ってる二つの有名企業な …

【意外と美味しい】6月5日ゼリア新薬の株主優待が到着しました【ヘパリーゼ

どうモメンです。 6月5日に家に帰ると、ちょうどゼリア新薬から株主優待が届きました。 ここのところ優待の到着が目白押しで毎日家に帰るのが楽しみです。 疲れて帰ってきても、優待品がどしどし届くのを見ると …

キャッシュレス主義に逆行して小銭入れを持ち歩いてみたら節約効果が凄かった

どうモメンです。 投資をあれこれを頑張るのも、仕事を頑張るのも、ドケチという性に生まれてしまったせいなのだと思います。生業というものなのです。 とはいえ私はどちらかというと、かなり面倒くさがりなドケチ …

会社における強者の論理=情報の非対称性?・・・嫌われる部署の人々

情報の非対称性(じょうほうのひたいしょうせい、英: information asymmetry)は、市場における各取引主体が保有する情報に差があるときの、その不均等な情報構造である。「売り手」と「買い …

【優待クロス】すかいらーくなど人気銘柄の一般信用「売」の在庫が復活した瞬間を、狙い撃ちする方法

拝啓 カブドットコム証券 様 時価、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 老後資金2000万円不足の恐怖に怯える今日この頃、リスクは取らずに優待だけゲットしてエンゲル係数を抑えたい中小企業勤務者 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。