ライフハック 投資あれこれ 経理あれこれ

【経理雑感】AIの本を読んでも何一つ頭に入らない件

投稿日:2024年2月15日 更新日:

どうモメンです。

ChatGPT大好きです。

でも、最近どうにも思うところがあるのです。

それは、

「徹底解説 生成AI」

「生成AIで世界はこう変わる」

「ChatGPTプロンプト大全」

こういったよくあるタイトルの本を見かけたら手当たり次第に読んだりしまってたのですが、今もたまに書店へ行くと手に取ってしまうのですが、ふと、こう思ってしまったのです。

びっくりするほど何も頭に入らないw

何ということでしょう、ChatGPTは好きで、本を読むのも好きで、最新技術やビジネスの本も好んで読むのですが、なぜか、この巷にあふれる「AI解説本」は、どれを読んでも、何も残らない感じがするのです・・・

 

とくにChatGPTの、「仕事に使えるプロンプト」みたいな記事を読んだ時、その内容のあまりのつまらなさに、強烈な違和感を覚えたことは、忘れられません・・・・

内容としては、会計士監修のもと、財務系でこんな使い方ができる、みたいな内容でした。そこでChatGPTに吐き出された会計レポートを読んだ時の感想は、

「・・・へえ」

という感じでした。内容が理解できないというわけではないのですが、凄いと言えば凄いような、どうでもいいといえばどうでもいいような、本当に、何とも言えない、何と感想を言えばいいのかも分からない、ただ言葉のカタマリとともにただ風が通り抜けていくだけのような、そういう空っぽな印象を受けました。

おそらく他の専門分野の内容でも似たような現象は散見されるのではないでしょうか・・。

 

その前に、AI関係の本が、どれも本当につまらないのかも

世の中に「つまらない本」というのは沢山あります。

私にとってそれがたまたまAI本だったというだけなのかもしれません

・・・いや、それにしても・・・きっとそうじゃない何か、「普遍的なつまらなさ」がAI本にはありそうな気がします。

なんというかAI本は「生身」がない気がするんです。他の本と比べて、肉の味がしません。さながらAI自身が書いた文章のように、空疎な印象を受けます。

さらに言えば、AIを使うためにAI解説本を読む必要も、最初からなかったのかもしれません。

決して私はAI否定派ではなく、ChatGPTは大好きです。

ですが、巷にあふれるAI本は、とにかくつまらないということは、頭に入れておいて損はないと思います。本だけじゃなく、ニュースや動画も同様です。

ウィジェット用




ウィジェット用




-ライフハック, 投資あれこれ, 経理あれこれ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

神戸物産の株主優待が到着しました。3000円買物券でこんなに買えた!

どうモメンです。 今回の優待はクロスではなく現物買いでゲットしました。それも権利確定日の終値で買ってしまったんです。 その後、1カ月弱の拘束を経て、12月初旬頃に株価が回復したのですぐ売りましたが、優 …

google home2台のブロードキャスト機能はなぜか子供にウケる

どうモメンです。 google home miniを2台保有しております。お正月にもgoogle homeは大活躍しました。 というのも、google homeは子供にウケるんです。 自分の家のみなら …

日本とアメリカの経理女子(?)のイメージの違い(Huluドラマ感想)

わたくしことモメンは海外ドラマを見るのが好きです。 アメリカのドラマで、中流階級っぽい女性が、子供が中学生ぐらいになったのを期に「私働こうかしら」と言い出して、十何年のブランクがあっても何とか若いころ …

no image

【おこげパスタ】イタリアで流行りのパスタは電気調理鍋で楽勝だった件

どうモメンです。 フジテックの優待でプレミアム優待倶楽部より頂いたRe・De Potを、意外にもよく使ってるのですが(1週間に1~2回)、その中でおすすめの料理を改めて紹介します。   この …

【経理あるある】同音異義語多すぎ会計用語

どうモメンです。 経理をしていると同音異義語の多いなと思います。 簿記や会計での和製漢語は、90%ぐらい漢字です。そのほとんど全部が、日本人お得意の和製漢語です。 日本語の財務諸表を見ると外国人は中国 …

レスポンシブ広告




自己紹介アイコン

このサイトについて

Author : モメン

アニマル好きな経理職。クールに装いながら、たまに新聞記者並みに時事問題とか語りたい系。

趣味:株、投資、節約、ガジェットいじり。

画像はヒゲペンギンの赤ちゃん。

最新の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。