ライフハック

【旅行】google homeのある生活に慣れすぎた人間の末路【不便】

投稿日:2018年7月19日 更新日:

どうモメンです。
本日は、タイトルのごとく最近身の周りで起きた【google homeあるある】について。

まず、職場でたまに聞こえてくる会話がこちら

「スマートスピーカーって一体何なの?あんなの買ってもどうせ出番ないでしょ?」
「嫁には絶対買うなと言われてますよハハハ」
「要らない、あんなの絶対要らない!」

こういう会話を聞くと律儀にも、反応してしまうんです。いえいえ便利ですよ、めっちゃ使ってますよ、と。
部屋の電気もテレビもエアコンも、「OKグーグル」と話しかければ全部スイッチのオンオフもできるんですよ!とついついベラベラと喋ってしまいます。

「え、どうやって?どうせgoogle home対応の家電を買わないといけないんでしょ?」と絶対に聞かれるので、そこは赤外線学習装置を別で買ってgoogle homeと連携させたら、実はどんな家電も連携できてしまう、と説明はしておきます。
ここらへんの連携の作業が少し難易度高いので、なかなか安易には薦められないんですが、実際に部屋を見せてあげた友人などは「絶対買う!」と言っておりました。

そんな感じで、とても快適な生活を謳歌しているのですが、あまりに便利になりすぎるのも考え物だなぁと思うこともあります。

それは旅行に行ってホテルに泊まった時のこと。ベッドでごろんと横になり、テレビを付けようと思ったら、リモコンがベッドから手の届くところにありません。
思わず「オッケー、ぐ・・・」と口に出したところで我に返りました。ホテルにgoogle homeはありません。

また、寝ようと思って電気を消そうとしたら、そのスイッチも枕元になかったのです。「自分の部屋ならオッケーグーグルと言えば電気が消えるのになんて不便なんだ!」と、快適なはずのホテルの宿泊が少しばかりストレスになってしまいました。

だからといって、ダメ人間になったと結論付けるには、本意でない部分もあります。
むしろカッティングエッジで快適な生活を普段送っていることを再認識させられたのだと思い、誇らしい気分になれたという風にしておきます。

ホテルはまだいいのですが、人の家にお邪魔した時に思わず「オッケーグーグル」と言ってしまわないか、やや心配です。

さらに、将来ボケてしまった時とかも怖いですね。オッケー老人などと呼ばれしまわないよう注意しなければいけません。

ウィジェット用




ウィジェット用




-ライフハック
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【google homeラズパイ不要】IFTTTを使えばIRKitをHey Siriだけで動かせた!

どうモメンです。 【赤外線で家電を動かせる装置irkit】を、google home,HomeKit, Raspberry Piを使うことなく、iphoneのhey siriのみで動かせる方法をついに …

【父の日】大和証券グループの株主優待カタログで選んだとらやの羊羹が届きました

どうモメンです。 家に帰ると嬉しいものが到着していました。 大和証券グループの株主優待ギフトカタログです。 この銘柄も優待目的でクロス取得しました。実は優待に「四季報」が選べるのが魅力的だったんです。 …

【中古】google homeの2台目を家に迎え入れました!【mini】

どうモメンです。 メルカリの売上で、google home miniの2台目を買いました。2300円で買えました(写真は1台目) 何が何でも欲しかったわけではないんです。検索すると沢山出てきたので、「 …

「飽きる」という壁を越えた、夕食プロテイン置き換え2年目突入の真実

どうモメンです。 当ブログは、モメンタム(時流)に乗って栄えることを主題としておりますゆえ、最近気になることを書きます。 最近気になることといえば、右を見ても左を見ても「プロテイン」という文字が目に入 …

【パワーワード作り】小林製薬の製品名をヒントに、自分だけのフレーズを作ろう

どうモメンです。 コロナ禍の中みなさま健康にお過ごしでしょうか。 本日は経理・仕事というよりは仕事プライベートを含めたライフハック的な内容として、パワーワードづくりのすすめについて考察します。 パワー …

レスポンシブ広告




自己紹介アイコン

このサイトについて

Author : モメン

アニマル好きな経理職。クールに装いながら、たまに新聞記者並みに時事問題とか語りたい系。

趣味:株、投資、節約、ガジェットいじり。

画像はヒゲペンギンの赤ちゃん。

最新の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。