経理あれこれ

【経理職の悩み】社長と話すのは苦手・・・社長もなんか苦手そう

投稿日:

どうモメンです

本日は経理職と社長について。

これは中小規模の会社のお話ですが経理をしていると経営者・社長と話す機会がたまにあります。

まぁ軽いフリートークのようなものなのですが

「ウチの会社の業績さぁ、何とかならない?」

まぁこんな感じに経理として意見を求められるわけです。

私モメンは、あぁ、来た来た、と心の中でつぶやきつつ、どう答えて良いものかと困り果てます。

経理として、実にあれこれ考えた挙句、正直に「売上(が良くない)ですねぇ」と言うしかないのです。

すると社長は「でもさ、どうすれば業績伸びると思う?ウチの会社」とさらに聞くわけです

私モメンは、「えー(っていうか売上)・・・粗利次第なところはありますしねぇ・・・」とボソボソっとまた正直に答えてしまったのです。

社長は私の答えには満足ではない様子で「でも売上なんてのはお客さんあってのものだからねぇ」と強い口調で言うのです。

私モメンは「そうですよねー(っていうかこれだけ売上減って経理にどうしろと・・・)」

 

最近こういう会話が苦痛になってきました。私は真面目に経理職としてやってきただけあって、演技は下手ですし嘘がつけません。表情や顔にきっと本音が表れているに違いありません。

原価計算や予算策定や業績管理などにもしっかり関わっている立場としても、毎週見込報告や業績速報を逐次報告し、情報の精度を極めたところで業績に対する真実は変わらない、変わりえないことはもはや悟りの境地に達したような部分で理解しているのですが、経営者が経理に意見を求める時、どうやったら売上が上がるのかは決して聞こうはせずまったく耳を傾ける気もなさそうなところが分かっているだけに、ますます私のテンションは上がりません。

社長と話していると、何を期待されているのか、つらいけど分からない・分かりたくもない気分で辟易してきます。そのうちどんどん愛想も悪くなってきて、このままでは、社長に「単に気に食わない奴」として疎まれてしまう危険があるのではとふと不安になってきました。

思えば経理の前任者(私の先輩)もそのようなタイプだったなと、いまさらにしてふと思いやったりするわけです。

若い頃は「あんまり会社のこと詳しくないけど経理頑張ってます」感がちょうどお互い良かったのでしょう。

それも中堅となればただ「口をつぐむ人」になってしまうしかないのでしょうか・・・自分の中ではそれじゃいけないという気持ちはありますがいかんせん社長を前にすると、気に食わなさを抑えるのに必死という有様です。

 

これは何らかの良くない予兆かもしれません・・・

ウィジェット用




ウィジェット用




-経理あれこれ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

監査法人の会計士に学ぶ、三種の神器は「体力、英語力、ITスキル」。会計士はドS?

中小企業で経理をしているわたくしモメンですが、そこまで年輪濃く刻まれていない仕事経験の中でも、リアルに大手の監査法人から監査を受ける機会に幸運にも3度ほど恵まれました。   その中で感じた大 …

でんさいネットで払った時にありがちなトラブル②指定許可機能で請求エラー

最初の頃に頻発したでんさいネットに関するエラーに「請求エラー」というものがありました。 私が利用している金融機関のネットバンキングでは、利用者番号と口座を照合できる機能があるのですが、そこではエラーが …

no image

会計士や大企業経理では新人が担当する固定資産。なお人手が足りない中小企業では・・・

  親会社の子会社監査を受けた時に、固定資産の管理について指摘があり、固定資産管理らしい管理をやっていないことを指摘されて初めて知りました。 「そんなものは、経理がやることではない」と思って …

no image

でんさいネットと比べていまいち普及しなかったファクタリング

売掛金の回収手段として現金や振込手形の他にでんさいネットやファクタリングなどがありますファクタリングについてはでんさいネットが普及する以前から決済手段を手形や期日指定振込で行っていた会社がサイトが、必 …

でんさいネットを使って分かった「記録データ」の本当の利便性

どうモメンです。 経理のブログなので、経理にまつわる実務の中でまだ、情報が比較的少ないと思われる「でんさいネット」についてこのブログでは積極的に紹介していきたいと思います。本当の生の声です。 &nbs …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。