とくにテーマなし

上野パンダライブカメラで目撃!リーリーがシャンシャンを覗き見してた!

投稿日:2018年1月21日 更新日:

どうもパンダ大好きのモメンです。去年は和歌山アドベンチャーワールドにも行きました。

パンダのことは話題にするまいと思っていましたがモメンタムに乗って投資を考えるブログなので、ここは時流(モメンタム)に乗っておくのがこのブログのセオリーということです。

昨日(1月20日土曜日15時過ぎ)たまたま上野のライブカメラを見ていたところ、びっくりするほど面白いものが見れました!

キャプチャー写真を取れば良かったと後悔しています。

 

まず、最初に目撃したのは、カラスとの闘いです。シンシンとシャンシャンの母子が、外の大きい木が沢山ある遊べる庭(6番、7番カメラ)で元気よく遊んでいた時のこと、カラスが飛んできて、シャンシャンをしきりにおちょくっているんですよ。

よくリーリーの毛がカラスに毟られまくってるらしく、可哀そうなのですが、赤ちゃんパンダシャンシャンの柔らかそうな毛もカラスには巣作りに最適の素材に見えたのかもしれません。

 

カラスが抜き足差し足とばかりに、シャンシャンの方へ近づこうとします。そしてシャンシャンはカラスに気付くと、やはり気になるようで、必至に追いかけるんです。

 

ところがシンシンが途中でそれに気づいて、必至にカラスを追い払いに行ってました。よく自然界でもパンダには天敵がいないと聞きますが、ああいう場面では子供を危険から守ろうとする母親の防衛本能が働くのかもしれません。動物園の飼育下であってもシンシンは他の動物に対する警戒をちゃんと持っているということに安心しました。
カラスって結構凶暴らしくて、牧場では牛の柔らかいお乳のところをつついて栄養がある血をついばんだりするので、カラス対策に牛用ブラジャーを装着させているというのをニュース見たことがあります。さらには子牛の背中の柔らかい肉さえも、突いて食べてるんだとか。カラスの攻撃に遭った子牛は、売り物にならないので処分されてしまうそうです。シャンシャンもカラスに襲われないか少し心配ですがちゃんとシンシンが守ってくれるので大丈夫でしょう。

 

しかし本当の【珍場面】はこの直後だったのです。シャンシャンが木から木に飛び移っては、木の葉っぱをトランポリンのようにして何度も楽しそう遊んでいたのですが(この時点で既に珍場面なような気もしますが)、そこにお母さんのシンシンが「何やってるの、危ないでしょうが」とシャンシャンを降ろそうとやってきて、しばらくその攻防を面白おかしく7番カメラで見ていたところ、なんと画面左の隅っこにある隣のエリアの木に、本来なら映らないはずの、3匹目のパンダ、リーリーがいきなりフレームインしてきたのです。リーリーは木に登って、あきらかにシンシンとシャンシャンを木の上から「覗き見」していたのです!

【追記】ツイッター情報によると東京に大雪が降った日も、シャンシャンが大はしゃぎしている様子をリーリーが木の上から見ていたそうです!

 

おそらくですが、シャンシャンがお母さんのシンシンとはしゃいでいる時、「キューキュー」と鳴き声を出していたのではないでしょうか。それを聞いたリーリーが、あまりにも隣の広場の様子が気になって思わず木に登って妻と娘の様子を確認しに行ったという感じだったのではないでしょうか。(パンダの視力は0.3ぐらいだそうです。あの白黒模様も、遠くからでも異性を見つけて繁殖するために盛りすぎアイメイクになったという説があるそうです)

成獣のパンダはあまり木に登らないイメージだったのですが、どうもリーリーは非常に好奇心旺盛で活発なパンダであることが分かりました。
ちなみにリーリーが覗き見していたのを、見られているシャンシャンの方はあまり気付いてなかったと思いますが、どうもシンシンは気付いてたような?感じがしました。というのも、その後シンシンがそそくさとシャンシャンを連れて「あっちの部屋にいきましょ」と引っ込んでしまったので。子育て中の母パンダですから、オスのパンダから子供を遠ざけようと行動してもおかしくはないと思いました。

 

パンダはオスは子育てをしないそうですが、自分の子供は認識できる(出くわしても襲わない)という話は聞いたことがあります。リーリーは自分の子供が生まれたことも知らないんだろうなと思われていましたが、あの様子からすると、どうやら「知っている」「気になっている」ようなのは分かりますよ。

たまたまですが非常に貴重な場面が見れて大変感激しました。今までスポットが当たりにくかったリーリーですが、なかなか面白いパンダだと思います。

下のリーリーとシンシンという本も読みましたが、リーリーは元々木登り大好きだったようですね。どうりであの軽い身のこなしだったわけです。

 

まぁそれにしてもシャンシャンはかわいいですね。コロコロとモチが動いているようです。あの動きに一番似ている人間といえば、お相撲さんでしょう。力士はあの体格で非常に体がやわらかいので土俵から転げ落ちて行っても怪我をしないんです。パンダとよく似てます。

 

ウィジェット用




ウィジェット用




-とくにテーマなし
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社における強者の論理=情報の非対称性?・・・嫌われる部署の人々

情報の非対称性(じょうほうのひたいしょうせい、英: information asymmetry)は、市場における各取引主体が保有する情報に差があるときの、その不均等な情報構造である。「売り手」と「買い …

なぜ相撲に興味がないのに相撲を巡る騒動だけみんな関心があるのか

どうモメンです。 私は相撲は好きですが相撲を巡る昨今の喧噪については・・・もはや何から話していいやら。 相撲ファンとして申し上げておきますが、国技相撲をめぐる外国人力士の是非については、その安易な排斥 …

ideco申込者ついに(自分以外)ゼロ!会社内で金融リテラシー教育するべき?

今年も残すところわずかとなりました。 私は総務部門で働いているので、idecoについては、会社の資格証明部分の記入をしなければならない立場です。 「〇〇さんが申し込んできた」というようなことを社内で他 …

このままでは経理の仕事はいずれ書類整理だけになってしまう?それでもイイじゃないの

私は整理整頓が得意な方ではありませんでした。しかし総務経理は非常に紙の書類が多いのです。   経理で本当に必要な書類なんてごくわずかしかないのですが、それ以上にあらゆる書類が、ごみ処理場のよ …

大晦日abemaTVの朝青龍対琴光喜は最高に面白かった

当初、ブログで相撲の記事を載せるのに前向きではありませんでした。しかし、少し書き始めると、止めることができません。 アイキャッチの画像は、某キャラクターを参考に、ペイントで手書きで作成してみました。製 …

レスポンシブ広告




自己紹介アイコン

このサイトについて

Author : モメン

経理担当。趣味、投資や節約、ガジェットいじり、大相撲。

画像はヒゲペンギンの赤ちゃん

最新の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。