経理あれこれ

日本とアメリカの経理女子(?)のイメージの違い(Huluドラマ感想)

投稿日:2017年10月18日 更新日:

わたくしことモメンは海外ドラマを見るのが好きです。

アメリカのドラマで、中流階級っぽい女性が、子供が中学生ぐらいになったのを期に「私働こうかしら」と言い出して、十何年のブランクがあっても何とか若いころに経験があったからツテが見つかった事務系のお仕事が「経理」だったっていうパターンを2度ほど見かけたことがあります。

 

日本で妙齢の女性が「若いころ、どこそこの会社で○年経理をやっていました」と自己紹介をしたら、おそらくは経理事務的なことをやっていたんだろうと想像されます。でも「過去どこどこの会社で経理を一人でやっていました」となれば、「ほーぅ?」と相手はお耳ダンボになるのではないでしょうか。「(一人で税務申告まで?まさか、普通は税理士に丸投げだろう。あるいは零細企業で実は社長がほとんど自分でやってるのを手伝ってたパターンかな?)」

 

  • 「仕訳を切ったり、経費を清算したり、月末に銀行に行ったりしていました」

あぁ、そんな感じだよね。まさに経理だね。日本ならだいたいこんな感じでしょうかね?

たまたま近所に、請求書を手書きしているような会社があって、そういう仕事のポストが空いていれば、これは問題なく雇ってくれるでしょう。若い子でもおばちゃんでも。子育て終わってる女性の方が、長いこと働いてくれそうだから好まれやすかったり。

 

  • 「決算を仕上げたり、経費清算をキャッシュレスにしたり、資金繰り計画や予算策定を行って銀行と融資の取りまとめたりしました」

ちょっと大げさかもしれないけどアメリカの経理ってこんな感じみたいですね。アメリカの場合は、経理やる人には個室が用意されて、そこで赤ちゃん同伴で出勤してたりする!でも粉飾に加担して税務調査でも受けようものなら、胸元セクシーな服を着て、きわどい質問に答えていかないといけないという、あらゆる意味でとってもプロフェッショナル??な専門職。主婦が家計の足しにするために職場復帰しましたってレベルじゃねえ。うーんプロの鑑・・・。何年ブランクあっても、これなら心配は無用でしょう。

 

共通するのは女性の場合。多少のブランクがある場合。男性の場合だと、ちょっと事情が違う。子育てブランクというカードが使えないし、たぶん①ではちょっと物足りない。②なら申し分ない。ただ、そこまでデキる人が、転職をするのはステップアップが多いのか、もうすこし緩く楽になりたいパターンが多いのか、どっちなんでしょうね。

ウィジェット用




ウィジェット用




-経理あれこれ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暇すぎ経理職はハラスメントと無関係か?いやそんなこともないよ

どうモメンです。 久々に仕事関係の話題を投稿したいと思います。 本日は世間でも大きな注目を浴びるようになってきているハラスメントの問題について。 経理でありそうなハラスメント ・過大な要求・・・十分な …

【森友改ざん】もしも涼宮ハルヒが財務省にいたら【書き換え楽勝】

どうモメンです。 もしも涼宮ハルヒが外務省に降臨したら・・・というタイトルですが、今の財務省的には本命としては、欲しい戦力は長門有希の方だったと思いますね。とはいえ、長門有希に力を借りるにはどうしても …

監査法人の会計士に学ぶ、三種の神器は「体力、英語力、ITスキル」。会計士はドS?

中小企業で経理をしているわたくしモメンですが、そこまで年輪濃く刻まれていない仕事経験の中でも、リアルに大手の監査法人から監査を受ける機会に幸運にも3度ほど恵まれました。   その中で感じた大 …

このままでは経理の仕事はいずれ書類整理だけになってしまう?それでもイイじゃないの

私は整理整頓が得意な方ではありませんでした。しかし総務経理は非常に紙の書類が多いのです。   経理で本当に必要な書類なんてごくわずかしかないのですが、それ以上にあらゆる書類が、ごみ処理場のよ …

【経理職が考える】コロナ不況のマジもんの深刻さとその先の未来

どうモメンです。時事問題語りたい系経理職として、真面目に雑感を書きたいと思います。 経済学者ケインズはこんな言葉を残しています。 「市場は、あなたの経済的余力が尽きるよりも長く不合理でいられる」 ケイ …

レスポンシブ広告




自己紹介アイコン

このサイトについて

Author : モメン

アニマル好きな経理職。クールに装いながら、たまに新聞記者並みに時事問題とか語りたい系。

趣味:株、投資、節約、ガジェットいじり。

画像はヒゲペンギンの赤ちゃん。

最新の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。