とくにテーマなし

関西弁はやはり擬音語が多かった!「ハチがブンブン言う」??

投稿日:

どうモメンです。

今回は、とある場所で、たまたま耳にした面白い関西弁の会話について。

私が耳にしましたのは以下のような会話です。

「スズメバチがドラム缶の中に巣作っててん」

「ほんまに?」

「なんかブンブン言うてるわと思って開けて見たら」

「あぁ、ブンブン言うてはってんな?」

「ブンブン言うてたから開けたらな、スズメバチやってん」

 

この会話、内容はともかく表現がいかにも関西っぽくて興味深いと思いました。とくに「ブンブン言う」という表現です。

ブンブンというのは蜂が飛んでいる時の音を表した擬音語?擬声語?オノマトペ?だと思うのですが、

蜂が音を立てている様子のことは、通常なら

「蜂がブンブンと飛んでた」

「ブンブン音がした」

「ブンブン鳴いてた」

 

とこんな感じかなと思うのですが、これが関西弁では、

「ブンブン言うてた」「ブンブン言うてはった」

とまるで蜂が自ら「ブンブン」と口にしていたかのような言い方になるようです。関西ではモノや食べ物を「さん付け」して「おいなりさん」や「おかいさん」「おまめさん」のように食べものを擬人化させるという傾向があるのですが、この法則によればハチが飛んでる音も「ブンブン言う」と表現するのが関西弁としてはごく自然なようです。

同様に「犬がワンワン言う」と「猫がニャーニャー言う」いわれてみれば関西っぽい感じがします。

まぁ、要するに擬態語を好んでよく使うということだと思います。

ウィジェット用




ウィジェット用




-とくにテーマなし
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

成人式「はれのひ」逃亡は、てるみくらぶとNOVAに酷似・・・経理として思うことは

てるみくらぶやNOVA、そして今回の「はれのひ」の事例でも、必ず被害者を批判するような声が聴かれます。「自業自得、良い社会勉強になっただろう」というような心無い声ですね。 ですが私はそうは思いません。 …

ヤフオクで1円落札できるマイネオのエントリーパッケージ

携帯電話は、iphone6sとガラケーの2台持ちにしています。 もともとiphoneだけの所有だったのですが、回線維持しつつ格安スマホを使いたかったので、auの従来回線とメールアドレスは、維持のためだ …

経理職が考える、コロナ禍では「マネジメント人材」が飽和状態に

どうモメンです。 最近マネジメント職というキーワードがよく聞かれます。 マネジメント職というのは会社の中でも、いわゆるホワイトカラー層が従事する企画・提案・経営戦略立案みたいなやつなのでしょう。 色ん …

会社における強者の論理=情報の非対称性?・・・嫌われる部署の人々

情報の非対称性(じょうほうのひたいしょうせい、英: information asymmetry)は、市場における各取引主体が保有する情報に差があるときの、その不均等な情報構造である。「売り手」と「買い …

名糖産業の株主優待が到着しました【画像あり】

モメンです。 2018年も名糖産業の優待を頂きました(クロスで) 2018年度は12月8日に届きました。 去年は写真を撮るのを忘れてしまったので今年こそリベンジで、しっかりと写真に納めましたよ! こう …

レスポンシブ広告




自己紹介アイコン

このサイトについて

Author : モメン

アニマル好きな経理職。クールに装いながら、たまに新聞記者並みに時事問題とか語りたい系。

趣味:株、投資、節約、ガジェットいじり。

画像はヒゲペンギンの赤ちゃん。

最新の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。