経理あれこれ

でんさいネットで分かる怪しい取引先

投稿日:

そろそろクドくなってきたかもしれませんが、引き続きでんさいネットにまつわる小ネタを。

 

でんさいネットは、基本的な仕組みは全銀電子債権ネットワークってところがすべての電子債権の記録台帳を持っていて、それぞれの取引履歴が全て残り、利用者はそれらの情報について開示請求することができます。

実際には各金融機関を経由してアクセスできるのですが、全ての金融機関を通じて、でんさいは固有の存在としてネットワークの中に存在し、その取引履歴が台帳に全て残るというところが、これまでの約束手形などにはなかった新しい仕組だと思います。

お金には色はないとよく言いますが、でんさいの場合はまさしく色の付いたお金ということです。誰から誰の手に渡ったかが一目瞭然ということです。

 

ビットコインというのを初めて知った時、ブロックチェーンの意味などを調べるにつけ、「なるほど、でんさいネットの記録台帳を暗号化してP2Pで共有してるのか」と、案外すんなり理解できました。でんさいを知ってる人ならこの説明でよく分かってもらえますよ。P2Pは知ってる人しか分からないかもしれませんが。

 

でんさいネットも、記録台帳が書き換えられてデータ改竄されてしまったら、保険か何かで代金はちゃんと支払われるのでしょうか?手形は盗難リスクがあるがでんさいネットには盗難リスクがないとは言われていますが、不正アクセスによる搾取や改竄など何らかのリスクはあるはずです。画期的なブロックチェーン技術は将来的にもでんさいネットを管理している機関も採用するかもしれませんね。

 

ところででんさいネットは最新情報開示で、支払ったでんさいの現在の債権者が誰なのか知ることができます。

支払手形であれば、支払った取引先が、受け取った手形をそのままどかの会社への支払いに回しても、それを知る手段はありませんが、でんさいの場合は開示を通じて最新の状態を知ることができます。

 

それを見てみると、案の定、すんごく怪しそうなところにでんさいを譲渡している会社がありました。HPを見てみると、露骨にタックスヘイブンやマネロンが絡んでそうな匂いがしました。その取引先は特殊な資材を扱う専門商社だとは聞いているのですが、他で安く買えるのにうちの会社がボッタクリのような価格でその資材を買わされていたらなんだか嫌ですね。でんさいの最新情報開示機能は、怪しい会社のシッポをのぞき見ることができます。のぞき見られた方は、果てさて見られていることを知っているのやら・・・

ウィジェット用




ウィジェット用




-経理あれこれ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【商人の】変わり身の早い人は結局は生き残る?【哲学】

どうモメンです。 経理をやりながら投資を考えるブログなので政治の話はすまいと決意しておりましたが、時流に乗ってモメンタムを掴むのがセオリーゆえ、例の政問題には触れねばなりません。 前回の投稿でも、すで …

恐怖!?監査の現金実査対応

どうしよう、4月1日に親会社の監査法人の会計士が現金実査と棚卸実査に来て、うちの試算表と預金の残高を突合するって言ってきたよ、今日は3月31日だけど、明日の朝までに現預金勘定の仕訳全部切って合わせるの …

【ライフハック】google homeなどで生活のあれこれ自動化できた事例紹介【IFTTT】

どうモメンです。 私はgoogle homeや赤外線学習装置などわりとよく使っていますが、もしかしたらせっかく買ったけどあまり使っていないという方もおられるかもしれません。 そういう方に、おはようから …

【オオサンショウウオ】オリックスの株主優待カタログが到着しました【存在感やば】

どうモメンです。 オリックスより株主優待Bコースのギフトカタログが到着しました。 3月末決算企業の優待到着ラッシュもほぼ終盤です。 その中でもオリックスはとても楽しみにしていました。   パ …

日本とアメリカの経理女子(?)のイメージの違い(Huluドラマ感想)

わたくしことモメンは海外ドラマを見るのが好きです。 アメリカのドラマで、中流階級っぽい女性が、子供が中学生ぐらいになったのを期に「私働こうかしら」と言い出して、十何年のブランクがあっても何とか若いころ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。