とくにテーマなし 経理あれこれ

経理職がテレワーク導入について真剣に考えてみた。実をいうと今すぐにやりたい。

投稿日:2017年11月20日 更新日:

どうモメンです。今回は、経理職としての立場から、テレワークについて考察いたします。

もちろんテレワークは大賛成です。会社でも早く導入してほしいのですが、色々とIT環境が時代から大幅に遅れている中小メーカーでは、ただ期待して待っているだけで実現するとは露とも思えず・・・

本当にテレワークを実現させたければ、会社に働きかけるために経理職としてできるアプローチは何であるかを、現在のところは模索している段階といったところです。

幸いにも経理の仕事そのものは楽なので(楽だということをバレないようにはしていますが)・・・もっと楽になれるなら努力は惜しまないつもりです。

 

テレワークに思うこと

政府の働き方改革の一環として総務省主導で進められているテレワークについて他の企業の導入事例を詳しく知る機会がありました 。

テレワークについては2、3年前より言葉としては知っていましたが政府がかなり強い目標で推し進めている政策であるということはまだそこまで世間一般には知られていないかもしれません。 働いていると耳にする機会はあるのですがまだテレビなどで 大きく特集されるようなところまでは来ていないという印象です。

私もテレワークについては一部の先端的な企業またはIT企業が試験的に導入しているイメージがあり、 私が働いているような中規模の事業会社には 全く関係がないものだと思っていました。

興味はあったので、インターネット等で調べてみると、他社のテレワーク導入事例では経営者の「働き方」に対する考え方の違いにものすごく衝撃を受けました。労働者としての目線として垣間見た衝撃にとどまらず、投資家としての目線で見た場合でも魅力的だと感じました。テレワークを強く推進している企業経営者の「雇用・人材戦略」や「BCP」「生産性向上」への理想を追求する姿勢は、『働き方改革』というキーワードで落とし込めるにはもったいないほど、全てが強い一本の糸に引っ張られているかのように凛として、次の時代へ進もうとする力強さを感じますね。

最近、テレビのニュースでも、とある大阪の中小企業がテレワーク人材を優先的に採用している様子など紹介しているのを見てさらに衝撃を覚えました。もしかして自分の会社があまりにも時代に遅れているのではと思ってしまったからです。

何といってもまず経営者に考え方を変えてもらう必要があるかも?

例えば私の会社では、営業部員は朝から外勤に出かけて夕方5時過ぎまで戻ってこない日がほとんどです。

会社の就業時間は5時までですが5時を過ぎて戻ってきて、残りの仕事やレポートを書いてから帰っていく社員が多いですが、そのため営業部員は残業が非常に多いです。 外回りをしている時間が圧倒的に長いとはいえ、デスクに戻らなければできない仕事があるので、戻ってきてからそのような仕事に追われて残業が多くなるというのはある種「当たり前」のような光景ではありますのでここがおかしいと今更指摘する人は少数派かもしれません。

 

ですが働き方改革やテレワークを推進する会社では、 営業部員が一週間のうちほとんど直行直帰でしていてオフィスに全く顔を出さないというような働き方になったとしても「別に問題はない」 という風にみんなが考えるようになるのだと思います。 例えば一週間に1回、営業会議をやる決まりがあったとして、自宅のパソコンから参加できる環境が整っていると言うのであれば、そこで「顔は出している」わけなのでオフィスにいるかいないかだけの違いなど、大して重要じゃないと全員が考えるようになる会社があるわけです。テレワーク導入企業の経営者が「うちの会社は、どんどん優秀な人材が集まってくる」と胸を張って言っている理由がよく分かりました。

経理テレワーク化のボトルネックは紙の証憑書類だけ

経理における決算業務というのは、決められた財務会計のルールに基づいて処理をしていく分には、コミュニケーションを取らないとできない作業というのはほとんどありませんので、本来最もテレワークに向いている職種の一つです。

しかし経理という仕事について、一部はとてもアナログで、請求書の確認など紙をめくらないとできない仕事も多いのですが、会社のあらゆる書類をリアルタイムでスキャナーで取り込んでサーバー上にデータを保存してくれる人がいれば私も遠隔で資料の整理はできますしそういうものを見ながら、その場にいなくても決算の作業することはできるとは考えています。

私は働くということに対して常にネガティブな考えの持ち主なのですがもしかしたらそれは今の働き方に問題があるせいなのかもしれません。 働き方そのものが180度転換した時、 今の感覚だったら「それって働いてるって言えるの!?それで給料もらえるの?!最高じゃない?」と思うような働き方でもしっかりした給料がもらえて、ストレスなく人間らしく楽しく働ける未来があるのであれば私は働くことをもっとポジティブに考えるようになるだろうと思います。

 日本の多くの企業がこのようなテレワークの働き方を導入した未来を想像すると、働くことはそんなに辛いことじゃないかもしれないとふと思える時があります。

 

私の会社は年配の人が多くテレワークに全く興味を示さない人が多いですが、新卒者が計画通りに採用できなかたったり、慢性的な人手不足に悩んでいたり優秀な人材や若者が定着しなかったりという日本全国で共通の問題は抱えていますので、遅からず世の中の急激な変化に適応せざるを得なくなる時は来ると考えております。経営者が興味を示してきたら色々と案を提供できるように準備をすすめたいと思います。

ウィジェット用




ウィジェット用




-とくにテーマなし, 経理あれこれ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手帳で人生が変わる!系セミナーに感化されすぎた話とその顛末

どうモメンです。 フィジカル・スピリチュアル的にフラクチュアルなコンディションが続いておりました結果、大失態に陥りました。12月の株主優待銘柄を、一つも取りに行くことができませんでした。それどころか、 …

コンピューターやスマホに指示されながら快適な生活を送ることを躊躇してはいけない

リマインダー機能 スマートフォンの機能として備わっているリマインダー機能ですが 私はあまり使いません代わりにパソコンは毎日絶対に起動しているので仕事などで忘れがちなことは windows の標準ソフト …

iphone6sからgratina4gに機種変、iphone6sはマイネオで新たに契約して二台持ち試してみた結果

どうモメンです。 gratina4gは意外と、デカかったです。   携帯電話のキャリアを変えるのに抵抗があって格安スマホ切り替えに踏み切れなかったのですが、この度無事に2台持ちというブレーク …

【一人経理】さすがにそれは経理でやる仕事じゃないだろー【地獄】

どうモメンです。 中小企業で多い「雑用が増える」パターンは、一般職やパートで事務をやっていた人が辞めて、後任を雇わないというものです。 それでも最初は当然のように「このままだと他の人にしわよせがいって …

アズワンの株主優待ギフトカタログが届きました

アズワンから株主優待ギフトカタログが届きました。 何となく名前は知ってましたが(仕事の業界がやや関係しているので) 近年で急速な売り上げ拡大にむけた成長戦略を推し進めている要注目の会社だそうです(私見 …

レスポンシブ広告




自己紹介アイコン

このサイトについて

Author : モメン

経理担当。趣味、投資や節約、ガジェットいじり、大相撲。

画像はヒゲペンギンの赤ちゃん

最新の投稿

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。